「ものづくり:make」を楽しみながら学ぶ人へ向けた独習サポートサイト。

電子工作[超]入門 Lab.

電子工作[超]入門 Lab.では、これから電子工作を始める人に向けた情報や作例を紹介しています。

リード部品をきれいに折り曲げる
付録1-1

リードベンダー【RB-5】

2017-11-302017-11-30

抵抗器などの足(リード線)を、きれいに折り曲げたい方へおすすめのサンハヤト製リードベンダー(MODEL RB-5)を紹介します。

1.リードベンダーとは

サンハヤト製リードベンダー(MODEL RB-5)は、抵抗器・ダイオード・トランジスターなどリード部品の足(リード線)を、きれいに折り曲げるための簡易折り曲げ器です。

図1-1.サンハヤト製リードベンダー(MODEL RB-5)
図1-1.サンハヤト製リードベンダー(MODEL RB-5)

例えば、抵抗器の足(リード線)を・・・

図1-2.抵抗器(折り曲げ前)
図1-2.抵抗器(折り曲げ前)

こんなふうに直角に曲げることができます。しかも簡単きれいです。

図1-3.抵抗器(折り曲げ後)
図1-3.抵抗器(折り曲げ後)

サンハヤト製リードベンダー(MODEL RB-5)を使ってできることです。

  • 抵抗器やダイオードなどアキシャル部品の足(リード線)を折り曲げる
  • TO-92タイプのトランジスターの足(リード線)を折り曲げる
  • 基板から浮かせるフォーミング加工

なお、リード線の太さは、直径0.9mmまで対応しています。

図1-4.サンハヤト製リードベンダー(MODEL RB-5)の表面
図1-4.サンハヤト製リードベンダー(MODEL RB-5)の表面
図1-5.サンハヤト製リードベンダー(MODEL RB-5)の裏面
図1-5.サンハヤト製リードベンダー(MODEL RB-5)の裏面

2.リード線の折り曲げ(横方向)

リード線の折り曲げ(横方向)について手順を紹介します。サンハヤト製リードベンダー(MODEL RB-5)の裏面にあるミゾを使って、抵抗器・ダイオードなどのアキシャル部品の足(リード線)を横方向に折り曲げることができます。

図2-1.折り曲げ用のミゾ
図2-1.折り曲げ用のミゾ

折り曲げられる足(リード線)の幅は、2ピッチ~12ピッチまでの11種類です。ピッチとは、ユニバーサル基板・ブレッドボードの穴と穴の間隔のことで、2ピッチ=間隔2つ分(穴3つ分)=約6mmになります。3ピッチ(約8mm)・4ピッチ(約10mm)・5ピッチ(約12.5mm)・6ピッチ(約15mm)・7ピッチ(約17.5mm)・8ピッチ(約20mm)・9ピッチ(約22.5mm)・10ピッチ(約25mm)・11ピッチ(27.5mm)・12ピッチ(約30mm)です。

リード線の折り曲げ(横方向)の手順

抵抗器の足(リード線)を、横方向に折り曲げてみましょう。幅は、4ピッチ(約10mm)です。抵抗器を、4ピッチのミゾにセットします。

図2-2.リード線の折り曲げ(横方向)の手順(1)
図2-2.リード線の折り曲げ(横方向)の手順(1)

足(リード線)を指で直角になるまで折り曲げます。できあがりです。

図2-3.リード線の折り曲げ(横方向)の手順(2)
図2-3.リード線の折り曲げ(横方向)の手順(2)

完成した抵抗器です。

図2-4.リード線の折り曲げ(横方向)の手順(3)
図2-4.リード線の折り曲げ(横方向)の手順(3)

3.リード線の折り曲げ(縦方向)

リード線の折り曲げ(縦方向)について手順を紹介します。サンハヤト製リードベンダー(MODEL RB-5)の先端の突起を使って、抵抗器・ダイオードなどのアキシャル部品の足(リード線)を縦方向に折り曲げることができます。

図3-1.折り曲げ用のミゾ
図3-1.折り曲げ用のミゾ

折り曲げられる足(リード線)の幅は、2.54mmです。これは、ユニバーサル基板・ブレッドボードの穴と穴の間隔1つ分です。

リード線の折り曲げ(縦方向)の手順

抵抗器の足(リード線)を、縦方向に折り曲げてみましょう。抵抗器を、先端の突起に押し当てます。

図3-2.リード線の折り曲げ(縦方向)の手順(1)
図3-2.リード線の折り曲げ(縦方向)の手順(1)

足(リード線)を突起に沿うように指で曲げます。できあがりです。

図3-3.リード線の折り曲げ(縦方向)の手順(2)
図3-3.リード線の折り曲げ(縦方向)の手順(2)

完成した抵抗器です。

図3-4.リード線の折り曲げ(縦方向)の手順(3)
図3-4.リード線の折り曲げ(縦方向)の手順(3)

4.フォーミング加工

フォーミング加工について手順を紹介します。サンハヤト製リードベンダー(MODEL RB-5)の表面にあるフォーミング加工用エリアを使って、抵抗器・ダイオードなどのアキシャル部品の足(リード線)をフォーミング加工することができます。

図4-1.フォーミング加工用エリア
図4-1.フォーミング加工用エリア

フォーミング加工とは、放熱などを目的として、部品を基板から浮かせて実装するための加工です。足(リード線)に取り付け用の凹みを加工することができます。

あらかじめ、必要な幅でリード線の折り曲げ(横方向)を行っておきます。フォーミング加工できる幅は、5mm・7.5mm・10mm・12.5mm・15mm・17.5mm・20mmです。

フォーミング加工の手順

幅10mmの抵抗器をフォーミング加工してみましょう。抵抗器を、フォーミング加工用エリアの幅10mmにセットします。

図4-2.フォーミング加工の手順(1)
図4-2.フォーミング加工の手順(1)

フォーミング加工棒を穴(リード線の内側)に差し込みます。

図4-3.フォーミング加工の手順(2)
図4-3.フォーミング加工の手順(2)

そのまま外側へ押し広げます。図4-4では、左方向です。

図4-4.フォーミング加工の手順(3)
図4-4.フォーミング加工の手順(3)

反対側の足(リード線)も同じように外側へ広げます。できあがりです。

図4-5.フォーミング加工の手順(4)
図4-5.フォーミング加工の手順(4)

完成した抵抗器です。広がった部分は、ちょうどピッチ1つ分大きくなります。

図4-6.フォーミング加工の手順(5)
図4-6.フォーミング加工の手順(5)

こちらは、内側へ押し込んだ加工です。押し込んだ部分は、ちょうどピッチ1つ分小さくなります。

図4-7.フォーミング加工の手順(6)
図4-7.フォーミング加工の手順(6)

5.トランジスター(TO-92タイプ)の加工

トランジスター(TO-92タイプ)の加工について手順を紹介します。サンハヤト製リードベンダー(MODEL RB-5)のトランジスター(TO-92タイプ)加工用エリアを使って、トランジスター(TO-92タイプ)の足(リード線)を均一に広げることができます。

図5-1.トランジスター(TO-92タイプ)加工用エリア
図5-1.トランジスター(TO-92タイプ)加工用エリア

トランジスター(TO-92タイプ)加工の手順

トランジスター(TO-92タイプ)を加工してみましょう。トランジスター(TO-92タイプ)を、トランジスター(TO-92タイプ)加工用エリアにセットします。

図5-2.トランジスター(TO-92タイプ)加工の手順(1)
図5-2.トランジスター(TO-92タイプ)加工の手順(1)

両側の足(リード線)を、指で少し広げます。

図5-3.トランジスター(TO-92タイプ)加工の手順(2)
図5-3.トランジスター(TO-92タイプ)加工の手順(2)

フォーミング加工棒を使って、一方の足(リード線)を外側へしっかりと押し広げます。

図5-4.トランジスター(TO-92タイプ)加工の手順(3)
図5-4.トランジスター(TO-92タイプ)加工の手順(3)

反対側の足(リード線)も同じように外側へ押し広げます。できあがりです。

図5-5.トランジスター(TO-92タイプ)加工の手順(4)
図5-5.トランジスター(TO-92タイプ)加工の手順(4)

完成したトランジスター(TO-92タイプ)です。

図5-6.トランジスター(TO-92タイプ)加工の手順(5)
図5-6.トランジスター(TO-92タイプ)加工の手順(5)

6.ブレッドボードでの使用

ユニバーサル基板だけでなく、ブレッドボードを使った電子工作にもおすすめです。部品がきれいにそろいます。

図6-1.ブレッドボードへの実装
図6-1.ブレッドボードへの実装

7.リードベンダー(RB-5)関連のおすすめ品

紹介したサンハヤト製リードベンダー(MODEL RB-5)です。

サンハヤト リードベンダー RB-5 リード線、部品の簡易折り曲げ器

抵抗やダイオードなどアキシャル部品のリード線をワンタッチで直角に折り曲げられる便利なツールです。

スポンサーリンク
TOPへ移動
目次へ移動