「ものづくり:make」を楽しみながら学ぶ人へ向けた独習サポートサイト。

PICマイコン Lab.

PICマイコンLab.では、PICマイコンに関する情報やPICマイコンを使った電子工作を紹介しています。

統合開発環境を最新にする
2-5

MPLAB X IDEのバージョンアップ(Windows編)

2018-01-142018-01-14

MPLAB X IDEのバージョンアップ方法(Windows編)を紹介します。

2-5-1.バージョンアップの確認方法

最新のバージョンは、MPLAB X IDE(マイクロチップテクノロジー社)へアクセスして、[Downloads]をクリックします。

図2-5-1-1.バージョンアップの確認
図2-5-1-1.バージョンアップの確認

また、MPLAB X IDEを使用中に、MPLAB X IDEデスクトップの右下部分(タスクペインと呼ばれる場所)に、バージョンアップの通知が表示されることがあります。

  • MPLAB X IDE (vX.XX) is available.- MPLAB X IDE (vX.XX)が使用可能です。
図2-5-1-2.バージョンアップの通知
図2-5-1-2.バージョンアップの通知

2-5-2.バージョンアップ

MPLAB X IDEのバージョンアップは「2-3.MPLAB X IDEのインストール【Windows編】」と同じ手順で行います。

新しいバージョンのインストール先を推奨値のままインストールすると、旧バージョンのものは上書きされず、そのまま残ります。しばらくの間、旧バージョンを残しておいて、新バージョンが安定して使えると判断した後、アンインストールすればいいでしょう。

2-5-3.設定のインポート

新しいバージョンのインストール後、最初の起動時に図2-5-3-1のようなメッセージが表示されることがあります。これは、旧バージョンで行われた設定を引き継ぐかどうかを確認するメッセージです。

図2-5-3-1.設定のインポート(確認)
図2-5-3-1.設定のインポート(確認)

引き継ぐ場合は、[Yes]をクリックします。また、オプションとして[Window positions]にチェックを付けると、ウインドウの位置も引き継がれます。

図2-5-3-2.設定のインポート
図2-5-3-2.設定のインポート

PICマイコン関連のおすすめ品

制御用マイコンとして長く使われている、PICマイコンのシンプルな環境を利用して学ぶアセンブラプログラミングの入門書。

月刊トランジスタ技術10年分(2001年~2010年)の記事をまとめた一冊。

PIC16F1ファミリのアーキテクチャ、新しい開発環境であるMPLAB IDE Xの使い方、C言語によるPICのファームウェア開発方法、内蔵モジュールの使い方と具体的な製作例などについて詳細に解説しています。

電子工作のための PIC16F1ファミリ活用ガイドブック

著 者
後閑哲也/dd>
出版社
技術評論社
発売日
2013/04/11

dsPICとは、16ビットマイコンにDSP機能を組み込んだプロセッサです。内蔵モジュールの使い方やDSP機能の使い方、C言語によるプログラミング方法など、dsPICを使いこなす上で必要となる情報を詳しく解説しています。

電子制御・信号処理のためのdsPIC活用ガイドブック(CD-ROM付)

著 者
後閑哲也/dd>
出版社
技術評論社
発売日
2006/08/15

PIC16F1827を使用した、赤・緑・青・黄のLED27個を円柱状に光らせる3Dイルミネーションキットです。PIC16F1827のプログラムは書き換えが可能で、C言語によるプログラミングが学習できます。詳しいマニュアルは株式会社イーケイジャパンよりダウンロードできます。

エレキット ピカ・タワー AW-864

エレキットのアートする電子工作シリーズ。 LED(発光ダイオード)を使用した3Dイルミネーションキットです。LEDは赤・緑・青・黄の4色、全部で27個使用して、円柱状に配置したLEDを光らせます。

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります。
スポンサーリンク
TOPへ移動
目次へ移動