「ものづくり:make」を楽しみながら学ぶ人へ向けた独習サポートサイト。

micro:bit Lab.【マイクロビット】

micro:bit Lab.では、micro:bit【マイクロビット】に関する情報を紹介しています。

布をかぶせてワン・ツー・スリー
付録2-17

【手品】消えたハート

2018-09-032018-09-03

タネも仕掛けもありありの手品プログラムです。マイクロビットに、布をかぶせてワン・ツー・スリー・・・・あら、不思議。ハートが消えてなくなります。

1.内容

マイクロビットに、布をかぶせてワン・ツー・スリー!LEDスクリーンに描かれたハートが消えてなくなります。もう一度、布をかぶせると、あら、不思議。消えたハートが戻ります。

2.このプログラムの動作に必要なもの

このプログラムは、micro:bit本体のみで動作します。

  • micro:bit本体
  • パソコン(*1)
  • USBケーブル(*1)

(*1):パソコン・USBケーブルは、プログラミングに必要なものです。

3.サンプルプログラム(ブロック)

サンプルプログラム(ブロック)です。

最初だけ実行されるプログラム

図3-1.最初だけ実行されるプログラム
図3-1.最初だけ実行されるプログラム

ずっと実行されるプログラム

図3-2.ずっと実行されるプログラム
図3-2.ずっと実行されるプログラム

4.サンプルプログラム(JavaScript)

サンプルプログラム(Javascript)です。

5.解説

マイクロビットの明るさセンサーを使って、光の強さを測定します。光の強さが、一定の値(10)より小さくなったとき、ハートのアイコンを消したり、再び表示したりしています。明るさの測定は、およそ1000ミリ秒毎に行っているので、最長で1秒以上(1000ミリ秒以上)、布で覆い隠さなければなりません。

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります。
スポンサーリンク
TOPへ移動
目次へ移動