「ものづくり:make」を楽しみながら学ぶ人へ向けた独習サポートサイト。

micro:bit Lab.【マイクロビット】

micro:bit Lab.では、micro:bit【マイクロビット】に関する情報を紹介しています。

加速するボールにどこまで耐えられるか。
付録2-1

【ゲーム】一人でピンポン

2017-10-042017-10-04

micro:bitのLEDスクリーンで遊ぶ一人用ピンポンゲームです。壁で跳ね返るボールを打ち返して、その回数を競います。

1.遊び方

LEDスクリーンに「GO!」と表示された後、ゲームがスタートします。プレーヤーは、AボタンとBボタンを使って、自分のラケットを左右に移動させます。LEDスクリーン中を動くボールを、ラケットで打ち返せば得点ゲット。ただし、打ち返すごとにボールがスピードアップして、難易度が上がります。打ち返せなかったらゲームオーバーです。最後に得点が表示されます。ゲームの再開は、AボタンとBボタンを同時に押します。

2.このプログラムの動作に必要なもの

このプログラムは、micro:bit本体のみで動作します。

  • micro:bit本体
  • パソコン(*1)
  • USBケーブル(*1)

(*1):パソコン・USBケーブルは、プログラミングに必要なものです。

3.サンプルプログラム(ブロック)

サンプルプログラム(ブロック)です。

ずっと実行されるプログラム

中心となるプログラムです。初期値の設定・ボールが壁やラケットに当たった判定・ゲームオーバー時の処理などをプログラムしています。

図3-1.ずっと実行されるプログラム
図3-1.ずっと実行されるプログラム

Aボタンが押されたときのプログラム

Aボタンが押されたときのプログラムです。ラケットを左に移動させます。

図3-2.Aボタンが押されたときのプログラム
図3-2.Aボタンが押されたときのプログラム

Bボタンが押されたときのプログラム

Bボタンが押されたときのプログラムです。ラケットを右に移動させます。

図3-3.Bボタンが押されたときのプログラム
図3-3.Bボタンが押されたときのプログラム

4.サンプルプログラム(JavaScript)

サンプルプログラム(Javascript)です。

5.チャレンジ

micro:bitにスピーカーをつないで、ボールを打ち返した時に、音が出るように改造してみよう。

TOPへ移動
目次へ移動