「ものづくり:make」を楽しみながら学ぶ人へ向けた独習サポートサイト。

micro:bit Lab.【マイクロビット】

micro:bit Lab.では、micro:bit【マイクロビット】に関する情報を紹介しています。

マイクロビットの傾きで流れ落ちる25個の光
付録2-5

【観賞用】流星フラッシャー5×5

2018-02-152018-02-15

micro:bitを傾けると、25個のLEDが一斉に動き出す。クセになる観賞用プログラムです。

1.鑑賞方法

micro:bitを傾けるだけ。25個のLEDの光が、LEDスクリーンの中を重力に従って流れ落ちます。隅にLEDが集まると明るく輝きます。micro:bitを水平にして軽く振ってみると・・・。

2.このプログラムの動作に必要なもの

このプログラムは、micro:bit本体のみで動作します。

  • micro:bit本体
  • パソコン(*1)
  • USBケーブル(*1)

(*1):パソコン・USBケーブルは、プログラミングに必要なものです。

3.サンプルプログラム(ブロック)

サンプルプログラム(ブロック)です。

最初だけ実行されるプログラム

最初だけ実行されるプログラムです。25個の光の位置を初期化しています。

図3-1.最初だけ実行されるプログラム
図5-1.最初だけ実行されるプログラム

ずっと実行されるプログラム

中心となるプログラムです。micro:bitの傾きに応じて、25個の光を移動させます。

図3-2.ずっと実行されるプログラム
図5-2.ずっと実行されるプログラム

4.サンプルプログラム(JavaScript)

サンプルプログラム(Javascript)です。

5.仕組み

micro:bitには、傾き(三軸加速度)を取得するセンサーが内蔵されています。そのセンサーで取得した傾きに応じて、光の位置を移動させて、LEDを点灯させています。

6.チャレンジ

傾きに応じて、流れ落ちるスピードを変化させてみよう。

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります。
スポンサーリンク
TOPへ移動
目次へ移動