「ものづくり:make」を楽しみながら学ぶ人へ向けた独習サポートサイト。

micro:bit Lab.【マイクロビット】

micro:bit Lab.では、micro:bit【マイクロビット】に関する情報を紹介しています。

イメージファイルをmicroSDメモリーカードへ書き込む
12-1

Raspbian OSをインストールする

2019-09-142019-09-14

Raspberry Pi 3 Model B+のシステムを起動するためのmicroSDメモリーカードに、Raspbian OSをインストールする手順を紹介します。

12-1-1.準備するもの

microSDメモリーカード

Raspberry Pi 3 Model B+のカードスロットに差し込んで、システムを起動するためのmicroSDメモリーカードを用意します。このmicroSDメモリーカードへシステムの起動に必要なRaspbian OSをインストールします。容量は16GB以上がおすすめです。

図12-1-1-1.microSDメモリーカード
図12-1-1-1.microSDメモリーカード
インストール済みのmicroSDメモリーカード

Raspbian OSがインストール済みのmicroSDメモリーカードが販売されています。そのようなmicroSDメモリーカードを使うと、本記事のインストール手順は不要です。

インターネットへ接続されたパソコン

microSDメモリーカードへRaspbian OSをインストールするには、Raspberry Pi財団のウェブサイトから、インストール用のイメージファイルをダウンロードするためのパソコンが必要です。また、microSDメモリーカードをフォーマットしたり、イメージファイルを書き込むためのソフトウェアもダウンロードします。手順は後述します。

カードリーダー

microSDメモリーカードに対応したカードリーダーを用意します。パソコンに内蔵されている場合は不要です。

12-1-2.Raspbian OSのインストール

microSDメモリーカードへ、システムの起動に必要なRaspbian OSをインストールするには、次の(1)~(3)の手順を順番に進めます。

  1. Raspbian OSイメージファイルのダウンロード
  2. microSDメモリーカードのフォーマット
  3. microSDメモリーカードへイメージファイルの書き込み

(1)Raspbian OSイメージファイルのダウンロード

Raspberry Pi財団のウェブサイトで公開されているダウンロードページ「Download Raspbian for Raspberry Pi」へアクセスします。ダウンロードできるイメージファイルには3種類あり、インストールによって構築される環境や付属のソフトウェアの種類が異なります。

  • Raspbian Buster Lite
  • Raspbian Buster with desktop
  • Raspbian Buster with desktop and recommended software

Raspbian Buster Liteは、サーバー利用などを目的としたもので、デスクトップ環境(グラフィカルな操作画面)がインストールされない最小構成版です。Raspbian Buster with desktopは、グラフィカルな操作ができるデスクトップ環境と重要なソフトウェアがインストールされている標準版です。Raspbian Buster with desktop and recommended softwareは、さらにおすすめソフトウェアがインストールされている全部入り版です。

本記事では、Raspbian Buster with desktop and recommended softwareをダウンロードします。ダウンロードページで、Raspbian Buster with desktop and recommended softwareの「Download ZIP」をクリックします。

図12-1-2-1.Download Raspbian for Raspberry Pi
図12-1-2-1.Download Raspbian for Raspberry Pi

ダウンロードするイメージファイルは、ZIP形式の圧縮ファイルですが、解凍は不要なのでそのまま保存します。イメージファイルのファイル名は、YYYY-MM-DD-raspbian-buster-full.zipです。YYYY-MM-DDはリリース日です。

イメージファイルのダウンロードには少し時間がかかります。ダウンロードの待ち時間に、次のステップ「microSDメモリーカードのフォーマット」へ進みます。

(2)microSDメモリーカードのフォーマット

ダウンロードしたイメージファイルを書き込むために、microSDメモリーカードをあらかじめフォーマットします。フォーマットには、専用のソフトウェア「SD Memory Card Formatter」を使用します。

SDアソシエーションのウェブサイトで公開されているダウンロードページ「SDメモリーカードフォーマッター」へアクセスします。SDアソシエーションは、メモリカードのストレージに関する規格の策定と普及のために設立された業界団体です。

図12-1-2-2.SDメモリーカードフォーマッター
図12-1-2-2.SDメモリーカードフォーマッター

本記事では、Windows版をダウンロードします。ダウンロードページで「Windows版ダウンロード」をクリックします。

図12-1-2-3.SDメモリーカードフォーマッター(Windows版)
図12-1-2-3.SDメモリーカードフォーマッター(Windows版)

次のページで「エンドユーザーライセンス契約」の画面が表示されるので、内容を確認して「同意します」をクリックします。ダウンロードするファイル名は、SDCardFormatterv5_WinJP.zipです。ZIP形式の圧縮ファイルなので、ダウンロードが完了したら解凍します。

解凍後、セットアップファイル「SD Card Formatter 5.0.1 Setup JP.exe」を実行します。画面の指示通りに進めて、SD Memory Card Formatterのインストールを完了します。

図12-1-2-4.SD Memory Card Formatterのセットアップファイル
図12-1-2-4.SD Memory Card Formatterのセットアップファイル

microSDメモリーカードをカードリーダーに挿入して、SD Memory Card Formatterを起動します。microSDメモリーカードのドライブ名が正しいことを確認して「フォーマット」をクリックします。

図12-1-2-5.SD Memory Card Formatter(カードの選択)
図12-1-2-5.SD Memory Card Formatter(カードの選択)

すべてのデーターが消去される旨のメッセージが表示されるので、もう一度ドライブ名を確認して「はい」をクリックします。

図12-1-2-6.SD Memory Card Formatter(メッセージの確認)
図12-1-2-6.SD Memory Card Formatter(メッセージの確認)

フォーマットが正常に終了したことを確認して「OK」をクリックします。

図12-1-2-7.SD Memory Card Formatter(フォーマットの完了)
図12-1-2-7.SD Memory Card Formatter(フォーマットの完了)

これで、microSDメモリーカードのフォーマットが完了です。microSDメモリーカードを、カードリーダーに挿入したまま、次のステップ「microSDメモリーカードへイメージファイルの書き込み」へ進みます。

(3)microSDメモリーカードへイメージファイルの書き込み

イメージファイルのダウンロードが完了していることを確認してください。ダウンロードしたイメージファイルを、フォーマット済みのmicroSDメモリーカードへ書き込みます。書き込みには、専用のソフトウェア「balenaEtcher」を使用します。

balenaによるオープンソースプロジェクトのウェブサイトで公開されているダウンロードページ「balenaEtcher」へアクセスします。

図12-1-2-8.balenaEtcher
図12-1-2-8.balenaEtcher

本記事では、Windows版をダウンロードします。ダウンロードページで「Download for Windows (x86|x64)」をクリックします。

図12-1-2-9.balenaEtcher(Windows版)
図12-1-2-9.balenaEtcher(Windows版)

ダウンロードするファイル名は、balenaEtcher-Setup-xx.xx.xx.exeです。xx.xx.xxはバージョン番号です。exe形式の実行ファイルなので、ダウンロードが完了したらそのまま実行します。画面の指示通りに進めて、balenaEtcherのインストールを完了します。

図12-1-2-10.balenaEtcherのセットアップファイル
図12-1-2-10.balenaEtcherのセットアップファイル

インストール後、balenaEtcherが自動的に起動します。

図12-1-2-11.balenaEtcher(起動画面)
図12-1-2-11.balenaEtcher(起動画面)

まず、左側の「Select image」をクリックして、ダウンロードしたRaspbian OSのイメージファイルを選択します。

図12-1-2-12.balenaEtcher(イメージの選択)
図12-1-2-12.balenaEtcher(イメージの選択)

次に、中央の「Mass Stor...SB Device」の部分にマウスカーソルを合わせて、表示されるドライブ名を確認します。

図12-1-2-13.balenaEtcher(ドライブ名の確認)
図12-1-2-13.balenaEtcher(ドライブ名の確認)

ドライブ名が正しいことを確認したら、右側の「Flash!」をクリックします。

図12-1-2-14.balenaEtcher(書き込みの開始)
図12-1-2-14.balenaEtcher(書き込みの開始)

イメージファイルの書き込みが完了するまで、しばらく待ちます。

図12-1-2-15.balenaEtcher(書き込み中)
図12-1-2-15.balenaEtcher(書き込み中)

画面に「Flash Complete!」が表示されると完了です。

図12-1-2-16.balenaEtcher(書き込みの完了)
図12-1-2-16.balenaEtcher(書き込みの完了)

以上で、microSDメモリーカードへのRaspbian OSのインストールは完了です。「12-2.自分専用のパソコンを組み立てる」へ進みましょう。

おすすめ品

Raspberry Pi 3 Model B+ スターターキット

RS Raspberry Pi 3 Model B+(国内正規代理店版)、電源アダプター(5V/3A)、ケース、OS書込済みmicroSDHC(32GB)、HDMIケーブル、ヒートシンク セットが一緒になったお買い得なセットです。

Raspberry Pi 公式 7インチタッチスクリーンディスプレイ

Raspberry Piシリーズの内部ディスプレイ(DSI)ポートに直接つなぐ専用ディスプレイ。タッチスクリーン付きなのでタブレットのように、触って操作できます。

Raspberry Pi&7インチタッチスクリーンディスプレイケース

Raspberry PiボードとRaspberry Pi 7インチLCDタッチスクリーンを収納するように設計されています。黒色、白色、クリアのタイプが用意されています。

Team MicroSDHCカード 32GB Class10

SD規格:microSDHC、容量:32GB、スピードクラス:Class10

ロジクールマウス&キーボードセット(無線)

ワイヤレスキーボード&マウスのセットモデル

Raspberry Pi用電源セット(5V/3.0A)

Raspberry Pi3専用スイッチ付電源ケーブル。AC電源アダプター(5V/3.0A)(PSE取得済)

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります。
スポンサーリンク
TOPへ移動
目次へ移動