「ものづくり:make」を楽しみながら学ぶ人へ向けた独習サポートサイト。

micro:bit Lab.【マイクロビット】

micro:bit Lab.では、micro:bit【マイクロビット】に関する情報を紹介しています。

micro:bitでLEGOを動かすための準備
11-1

Super:bitとLEGOを接続する

2019-09-012019-09-01

micro:bitでLEGOを動かすための準備として、Super:bit expansion boardとLEGOを接続する方法を紹介します。

11-1-1.Super:bit expansion boardとLEGOを接続する

Yahboom(中国名:亚博)Super:bit expansion boardは、基板上に18650型充電池が収まるバッテリーボックスと充電回路を搭載し、さまざまな周辺機器が接続できるmicro:bitの多機能・低価格な拡張ボードです。詳しくは「付録3-14.Super:bit expansion board」で紹介しています。

LEGO接続用の穴

図11-1-1-1の赤枠で示したように、Super:bit expansion boardの基板の四隅には、直径4mm程度の穴が開いています。この穴がLEGOと接続するためのもので、LEGOテクニックシリーズのコネクターペグを差し込むことができます。コネクターペグを使うことで、他のLEGOパーツと接続することができます。

図11-1-1-1.Super:bit expansion board
図11-1-1-1.Super:bit expansion board

コネクターペグ

コネクターペグは、テクニックシリーズのパーツ同士を接続するためのものです。コネクターペグには、滑り止めあり・なしの2種類があり、滑り止めありのものには、小さな突起がついています。Super:bit expansion boardには、この突起が邪魔をして、きれいに差し込めません。滑り止めなし(突起なし)のものを選びましょう。

図11-1-1-2のコネクターペグは、黒が滑り止めあり(突起あり)、グレーが滑り止めなし(突起なし)です。

図11-1-1-2.LEGOテクニックシリーズのコネクターペグ
図11-1-1-2.LEGOテクニックシリーズのコネクターペグ

LEGOと接続する手順

コネクターペグを使ったLEGOパーツの接続には、さまざまな方法がありますが、ここでは「リフトアーム 5×7(オープンセンター)」というパーツ2個をベースにする手順を紹介します。

用意するLEGOパーツは「リフトアーム 5×7(オープンセンター)」を2個、「コネクターペグ(滑り止めあり)」を2本、「コネクターペグ(滑り止めなし)」を4本です。

図11-1-1-3.用意するLEGOパーツ
図11-1-1-3.用意するLEGOパーツ

「リフトアーム 5×7(オープンセンター)」2個を「コネクターペグ(滑り止めあり)」2本で接続します。これがベースになります。

図11-1-1-4.リフトアーム 5×7(オープンセンター)の接続
図11-1-1-4.リフトアーム 5×7(オープンセンター)の接続

Super:bit expansion boardの穴(4ヵ所)に、裏側から「コネクターペグ(滑り止めなし)」4本を差し込みます。

図11-1-1-5.コネクターペグ(滑り止めなし)の取り付け
図11-1-1-5.コネクターペグ(滑り止めなし)の取り付け

取り付けた「コネクターペグ(滑り止めなし)」にベースを取り付けます。

図11-1-1-6.ベースの取り付け
図11-1-1-6.ベースの取り付け

これで完成です。他のパーツと自由に接続できるようになりました。

図11-1-1-7.LEGOと接続したSuper:bit expansion board
図11-1-1-7.LEGOと接続したSuper:bit expansion board

おすすめ品

LEGOに接続可能な2種類のモーター

プログラム可能なビルディングブロックギアサーボおよびモーター。

LEGOブロック・純正パーツ「テクニック・リフトアーム 5×7」

LEGOパーツ「リフトアーム 5×7(オープンセンター)」です。

LEGOブロック・純正パーツ「コネクターペグ(滑り止めなし)」

LEGOパーツ「コネクターペグ(滑り止めなし)」です。

LEGOブロック・純正パーツ「コネクターペグ(滑り止めあり)」

LEGOパーツ「コネクターペグ(滑り止めあり)」です。

レゴブースト クリエイティブ・ボックス

5種類の中から好きなものを組み立て、簡単なコードでタブレットを使いコントロールしよう!Bluetoothがついたレゴムーブハブ、相互に作用し合うモーターと色&距離センサーが含まれています。

Lego Crazy Action Contraptions

16種類のプロジェクトが作れるパーツのセットです。

Lego Gadgets

11種類のマシンが作れるパーツのセットです。

The LEGO Technic Idea Book: Wheeled Wonders

テクニックシリーズのパーツを使った車・トラック・オートバイなどの作品を収録したペーパーブックです。

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります。
スポンサーリンク
TOPへ移動
目次へ移動