「ものづくり:make」を楽しみながら学ぶ人へ向けた独習サポートサイト。

micro:bit Lab.【マイクロビット】

micro:bit Lab.では、micro:bit【マイクロビット】に関する情報を紹介しています。

マイクロビットのテクノロジーでグルーヴィー!
付録2-4

【音楽】テクノポップサウンド

2017-12-192017-12-19

micro:bitで奏でるテクノポップサウンド!あなたがプレーヤーになって、自由に演奏することができます。micro:bitのテクノロジーでグルービィーな世界を堪能してください。

1.演奏方法

micro:bitを持ち、ぐるぐる回すだけ。あとはmicro:bitがサウンドを奏でてくれます。Aボタンでテンポアップ、Bボタンでテンポダウンします。AボタンとBボタンを同時に押すと一時停止します。

プログラムを書き込んだ直後に、コンパスの補正が必要です。スクリーンに「DRAW A CIRCLE」と表示されるので、micro:bitを傾けて、円を描いてください。

2.このプログラムの動作に必要なもの

このプログラムは、micro:bit本体の他に、圧電スピーカーが必要です。おすすめは「KITRONIK社のMI:powerボード」です。

  • micro:bit本体
  • micro:bit本体に接続可能な圧電スピーカー
  • パソコン(*1)
  • USBケーブル(*1)

(*1):パソコン・USBケーブルは、プログラミングに必要なものです。

3.サンプルプログラム(ブロック)

サンプルプログラム(ブロック)です。

最初だけ実行されるプログラム

最初だけ実行されるプログラムです。各種初期値・テンポの設定をしています。

図3-1.最初だけ実行されるプログラム
図3-1.最初だけ実行されるプログラム

ずっと実行されるプログラム

中心となるプログラムです。micro:bitの向いている方角を取得して、それに応じた音を再生しています。

図3-2.ずっと実行されるプログラム
図3-2.ずっと実行されるプログラム

Aボタンが押されたときのプログラム

Aボタンが押されたときのプログラムです。テンポアップさせます。

図3-3.Aボタンが押されたときのプログラム
図3-3.Aボタンが押されたときのプログラム

Bボタンが押されたときのプログラム

Bボタンが押されたときのプログラムです。テンポダウンさせます。

図3-4.Bボタンが押されたときのプログラム
図3-4.Bボタンが押されたときのプログラム

A・Bボタンが同時に押されたときのプログラム

A・Bボタンが同時に押されたときのプログラムです。音の再生を一時停止・再開させます。

図3-5.A・Bボタンが同時に押されたときのプログラム
図3-5.A・Bボタンが同時に押されたときのプログラム

4.サンプルプログラム(JavaScript)

サンプルプログラム(Javascript)です。

5.仕組み

micro:bitには、方角を取得するセンサーが内蔵されています。そのセンサーで取得した方角の値を8分割して、それぞれに割り当てた音(ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド)を再生しています。また、それだけでは単調になるため、Aボタン(またはBボタン)を押すことで、テンポ値を増減して、再設定しています。また、同時に押すことで、再生の一時停止・再開ができるようにプログラミングしました。

6.チャレンジ

そのセンサーで取得した方角の値を、もっと細かく分割していろいろな音を出してみよう。

micro:bitは、方角センサーだけじゃなく、加速度センサーも内蔵しているよ。加速度センサーを使って、音の再生を制御してみよう。

スポンサーリンク
TOPへ移動
目次へ移動