「ものづくり:make」を楽しみながら学ぶ人へ向けた独習サポートサイト。

micro:bit Lab.【マイクロビット】

micro:bit Lab.では、micro:bit【マイクロビット】に関する情報を紹介しています。

自分専用のパソコンではじめるプログラミング(micro:bit)
第12章

Raspberry Pi + micro:bit

2019-09-142019-09-19

自分専用のパソコンでプログラミング(micro:bit)

第12章では、子どもが手軽に、micro:bitでプログラミングできる環境を意識して、リビングや勉強部屋などへ自由に移動して使える小型の「Raspberry Piをベースとした自分専用のパソコン」を組み立てます。自分専用のパソコンを組み立てる手順から、MakeCode for micro:bitを使ったプログラミングの方法まで詳しく紹介します。子どもの絶え間ない好奇心や関心に合わせて、きっと役立つ一台になるはずです。

Raspberry Pi

micro:bitと同じく英国生まれで、教育利用を目的とした小型のコンピューターにRaspberry Pi(ラズベリーパイ、通称ラズパイ)があります。Raspberry Piは、手のひらに乗るほどの小さなサイズで、基板上の電子部品がむき出しになっています。

図12-1.Raspberry Pi 3 Model B+
図12-1.Raspberry Pi 3 Model B+

インターフェースも多く搭載し、キーボードやマウスなどを接続するUSB、ディスプレイを接続するHDMI、ネットワークへ接続するLAN、オーディオ出力などがあります。また、Wi-FiやBluetoothなどの無線機能も備えています。

さらに特徴的なのは、GPIO(General Purpose Input / Output)という汎用入出力端子を搭載していることです。GPIOを利用することで、外部の電子部品と接続することができます。このGPIOによって、教育分野だけでなく、電子工作やロボット制御などのホビー分野、機械制御や監視などの産業分野に幅広く利用されています。

Raspbian OS

Raspberry Piは、MacやWindowsパソコンのようにOS(オペレーティングシステム)が起動し、グラフィカルなデスクトップ環境で、ブラウザーやプログラミングツール、オフィス製品などさまざまなソフトウェアが動作します。

図12-2.グラフィカルなデスクトップ環境
図12-2.グラフィカルなデスクトップ環境

Raspberry Piには、目的によって異なるOSが複数用意されています。代表的なOSがRaspbian OS(ラズビアン)で、Linuxディストリビューションの一つ「Debian(デビアン)」をRaspberry Pi用にカスタマイズしたものです。

Raspbian OSを、あらかじめmicroSDメモリーカードにインストールして、Raspberry Piのカードスロットに挿入することで起動します。

自分専用のパソコン

この章では、子どもが手軽に、micro:bitでプログラミングできる環境を意識して、リビングや勉強部屋へ自由に移動できる小型のパソコンを組み立てます。7インチのタッチスクリーンディスプレイを搭載し、頑丈なABS樹脂を採用したケースに収めます。キーボードやマウスは、好みによって自由に選ぶことができます。

MakeCode for micro:bitを使ったmicro:bitのプログラミング方法を紹介しますが、ScratchやPythonといった他のプログラミング言語なども利用することができます。また、電子工作やロボット制御などものづくりへの応用も簡単です。

子どもの絶え間ない好奇心や関心に合わせて、きっと役立つ一台になるはずです。

図12-3.頑丈なABS樹脂を採用したケース
図12-3.頑丈なABS樹脂を採用したケース

目次

この章の目次です。

12-1.Raspbian OSをインストールする

https://sanuki-tech.net/micro-bit/raspberry-pi/install-raspbian-os/

Raspberry Pi 3 Model B+のシステムを起動するためのmicroSDメモリーカードに、Raspbian OSをインストールする手順を紹介します。

最終更新日
2019-09-14
この記事を読む

12-2.自分専用のパソコンを組み立てる

https://sanuki-tech.net/micro-bit/raspberry-pi/assembly-personal-computer/

Raspberry Pi(ラズベリーパイ、通称ラズパイ)と7インチタッチスクリーンディスプレイを使った自分専用のパソコンを組み立てる手順を紹介します。

最終更新日
2019-09-26
この記事を読む

12-3.Raspbian OSの初期設定

https://sanuki-tech.net/micro-bit/raspberry-pi/setting-raspbian-os/

組み立てた自分専用のパソコンを初めて起動したとき、Raspbian OSの初期設定が必要です。日本語環境の設定やWi-Fiネットワークへの接続など初期設定の手順を紹介します。

最終更新日
2019-09-18
この記事を読む

12-4.はじめてのRaspberry Pi

https://sanuki-tech.net/micro-bit/raspberry-pi/how-to-use-and-settings/

初めてRaspberry Piを使う方へ向けて、Raspbian OSの基本操作と設定方法を紹介します。

最終更新日
2019-09-18
この記事を読む

12-5.MakeCode for micro:bit

https://sanuki-tech.net/micro-bit/raspberry-pi/programming-makecode-for-microbit/

Raspberry Pi 3 Model B+をベースにした7インチディスプレイのパソコンで、MakeCode for micro:bitを使ったプログラミングにチャレンジします。プログラミングの流れと、画面を有効に使うコツを紹介します。

最終更新日
2019-09-19
この記事を読む

おすすめ品

Raspberry Pi 3 Model B+ スターターキット

RS Raspberry Pi 3 Model B+(国内正規代理店版)、電源アダプター(5V/3A)、ケース、OS書込済みmicroSDHC(32GB)、HDMIケーブル、ヒートシンク セットが一緒になったお買い得なセットです。

Raspberry Pi 公式 7インチタッチスクリーンディスプレイ

Raspberry Piシリーズの内部ディスプレイ(DSI)ポートに直接つなぐ専用ディスプレイ。タッチスクリーン付きなのでタブレットのように、触って操作できます。

Raspberry Pi&7インチタッチスクリーンディスプレイケース

Raspberry PiボードとRaspberry Pi 7インチLCDタッチスクリーンを収納するように設計されています。黒色、白色、クリアのタイプが用意されています。

Team MicroSDHCカード 32GB Class10

SD規格:microSDHC、容量:32GB、スピードクラス:Class10

ロジクールマウス&キーボードセット(無線)

ワイヤレスキーボード&マウスのセットモデル

Raspberry Pi用電源セット(5V/3.0A)

Raspberry Pi3専用スイッチ付電源ケーブル。AC電源アダプター(5V/3.0A)(PSE取得済)

この記事を読んだ人は、こんな記事にも興味があります。
スポンサーリンク
TOPへ移動
目次へ移動